千葉の美容形成外科でわきが治療

しわと重なり傷はほとんどわからなくなった

安心して運動をするために治療を決意 / 1センチ程度の切開で治療が可能 / しわと重なり傷はほとんどわからなくなった

この治療法はまずプレミアム超音波サーマル法と行うことで、体臭の原因となっていた汗を分泌するアポクリン汗腺が取り除かれて、熱処理を行った状態に仕上げてから、患部を1〜2センチ程度切開を行った上で目視で丁寧に汗腺を取り除いていく流れです。
手術自体は約20分と非常に短く短時間で済ませることができたので驚きました。
また切開を行いますが、縫合はせずにダーマボンドと呼ばれる医療用接着剤を利用して患部を固定するだけなので、入院や通院、抜糸のために再び来院する必要がないことも簡単でいいなと感じました。
傷跡は当初は目立っていましたが、時間と共に脇の下のシワと重なっていくので最終的にほとんど傷跡だとわからないほどに自然な仕上がりになって満足しています。