千葉の美容形成外科でわきが治療

1センチ程度の切開で治療が可能

安心して運動をするために治療を決意 / 1センチ程度の切開で治療が可能 / しわと重なり傷はほとんどわからなくなった

最初はわきが治療はどのような方法で行われるのか一切知識がなかったので、千葉県エリアで治療を行っているクリニック探しと、クリニックごとの治療方法を比較した上でどこでお願いしようかしっかり決めることにしました。
今回治療をお願いしたのは、千葉県にある美容形成外科クリニックで超音波ハイブリッド法と呼ばれる切開を行う必要がない症状に適している治療方法を行っている場所です。
わきが治療は適応症状によって治療はそれぞれ異なります。
従来の切開法は主にわきがの症状が中程度から重度の人に多かったので、カウンセリングを通して自分は中程度から重度だったので最初は切開をしなくてはいけないと諦めていました。
切開法は直視下で行う方法なので1番効果的と紹介されましたが、医師の技術によって効果が左右されてしまうリスクがあることや、傷口が4〜5センチになり血腫ができたり皮膚拘縮や壊死などの高いリスクがあると説明を受けたので、リスクが少ない方法をお願いしたところ提案されたのが超音波ハイブリッド法でした。
今回治療を受けた超音波ハイブリッド法によるわきが治療は、体内組織への負担を最小限に抑えて高い効果を得られる特徴を持っています。
切開を行う際にも傷は約1センチから2センチ程度なので、従来の切開法よりも目立ちにくい点が良いと感じました。