千葉の美容形成外科でわきが治療

安心して運動をするために治療を決意

わきが治療,千葉腋臭症(わきが・多汗症)

今まで自分は汗っかきではあるけれど、わきがの自覚はあまりありませんでした。
ただ夏場に着ていたTシャツの脇部分が黄色く汚れていたことから、母親からわきがの症状があることを指摘されて確かにその可能性があると自覚し、その日からしっかり汗対策を行うようにしました。
そもそもわきがの症状は、一般的な汗を分泌するエクリン腺に比べてワキの下や陰部などに多くアポクリン汗腺と呼ばれるニオイの強い汗を分泌させる汗腺が多いことで起こる特徴があり、自分のようにシャツが黄色く黄ばみやすい人や、毎日しっかりお風呂に入っているにも関わらず汗をかくと体臭が酷くなってしまう症状のある人は、アポクリン汗腺が多い傾向にあると知りました。
アポクリン汗腺から分泌される汗は、中性脂肪や脂肪酸、コレステロールといった脂質や鉄、色素や細胞破壊成分が含まれている特徴があり、この汗が分泌されることで皮膚表面や毛穴に存在する細菌が分解され独特のニオイに繋がります。
そのため自分がわきがと判明した当初は、汗をかいてもすぐに清潔にできるように汗ふきシートを持ち歩いたり、制汗交換の高いロールオンやスティックタイプの制汗剤を使用して対策するなど、色々試しました。
しかし夏場など体を少しでも動かしただけで汗が吹き出す季節や、運動を行った時などに自分の体臭を気にしながら生活をするのは厳しいと実感したので、自分のコンプレックスをなくして安心して生活ができるようになるためにもわきが治療を受けることに決めました。

運動する男子の腋臭ってまじで臭えっすよw

— おーやぎ (@glory_dunk0715) September 14, 2020

安心して運動をするために治療を決意 / 1センチ程度の切開で治療が可能 / しわと重なり傷はほとんどわからなくなった